美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

眉毛メイクでキリッと顔になるコツ!

眉のメイクでキリッと顔になる秘訣!

 

・左右の眉をバランス良く錨くには

眉は左右のバランスをよく描くことが理想だが、出来上がりを見ると、なぜか左右少しずつ感じがちがっていて、バランスが悪いことが多い。

これは、一方の眉を最後まで描きあげたあとで反対側の眉にうつるといった具合に片方ずつ完成させようとするから。

左右のバランスをよくしたいと思うなら、面倒でも、右の盾をちょっと描いたら次は左というように、左右を同時進行で少しずつ描き足していけばいいのだ。

 

・眉用のペンシルは角度に注意

もともと濃い眉の人が、ナチュラルにパウダータイプのアイブロウ(眉墨)をつけるだけなら問題はない。

だが、居毛が薄かったり、カットしていたり、抜いている人は、眉毛をペンシルで形を整える必要がある。

そのとき、ペンシルは日制度に寝かせて使うと動きがスムーズで描きやすいうえ、失敗も少ない。

スポンサードリンク

 

・眉尻は眉頭より下げずにいこう

眉毛を描く時に必ず注意しなければならないのは全体のバランス。

美しく仕上げるためのポイントは三つある。

 

まず「眉山は全体の長さの半分より外側につくること」

そして、「眉尻は眉頭よりも下げないこと」

さらに、「目の長さよりも眉は長く描く」というのが大切だ。

とくに注意するべき点が眉山から眉尻にかりでの延長線の描き方で、眉尻を長くのばしすぎて延長線を下向きに描いてしまうと、顔のたるみが強調され、老け顔になってしまう。

 

・眉とアイシャドー、どっちが先か

ファンデーションを塗ったあと、とにかく顔の造作をきちんとしたいし、左右をそろえるのに時間がかかったりすることから、すぐに眉を描いてしまいがち。

しかし、眉はメイクという顔に描く絵の、いわば額縁。

アイシャドーの濃さやぼかし加減に合わせてその日の眉を仕上げるべきで、アイシャドーを先にしたほうがバランスがとれる。

 

・細すぎる眉は顔が大きく見える

細い眉を錨くのが一時期ブームになったが、あまりにも眉が細かったり、短かったりすると、顔のスペースを大きく見せ、「大きな顔」という印象を人に与えてしまう。

これは唇の場合も同じで、唇を小さめに描くと顔は余計に大きく見える。

 

モデルや女優の中には、大きめのふっくらした唇を描いている人が結構多い。

これは、口をある程度大きく見せれば小顔に見える効果があることを、彼女たちはちゃんと知っているからだ。


スポンサードリンク



・眉の質や形の悪さをカバーするテクニック

眉がとても薄かったり、毛質がやわらかすぎて形が整えにくい人、また、眉毛が下向きに生えている人は、眉毛にマスカラをつけてメイクするときれいに仕上がる。

マスカラをつけることによって、眉にハリやツヤを与えることができるので、下向きの眉毛もしっかり形を整えられるし、太さが加わるから、薄い眉もカバー。

 

また、眉の形も長く保っておける。

ただ、薄くて毛に弾力のない人の場合は、マスカラをそのまま使うと、ボテッとダマができて失敗してしまうことがあるので、眉に直接つけず、マスカラをアイブロウブラシにつげてからメイクすればいい。

 

・下向きの眉毛を上に向けるワザ

眉毛が下向きに生えているせいで、どうも憂い顔に見えてしまう人は、眉毛のとかし方にひと手間かけてみよう。

ドライヤーを当てながら、へアスプレーをかげた眉をプラシでとかすと、毛の流れが上向きになり、スッキリした表情になる。

 

・染めた髪の色に合わせて眉の色にも工夫を

たとえば髪を茶系にカラーリングしているなら、眉毛も髪と同じ茶系にするのが基本。

ところが日本人の黒い瞳に茶色の眉はあまりにも不自然。

 

そこで、違和感のない眉に仕上げるなら、髪に近い明るい色の眉ずみパウダーと、瞳の色に近いペンシルの2色を使って描くのがコツ。

色のバランスが整い、表情も明るく見える。

髪の色に近いパウダーで眉頭から目尻まで描き、眉のラインを瞳の色に近いペンシルで囲むように描くのがコツ。

眉ブラシを使ってパウダーとペンシルの境目をぼかせば自然な感じになる。

 

・メガネをかけた時のアイメイク法

メガネをかけた時は、ふだんと同じメイクではなく、メガネが映えるメイクをする必要がある。

薄い眉はメガネのフレームに負けてしまうので、髪の毛に近い色でいつもより浪いめに描くこと。

 

また目がフレームの陰になるので、マスカラは下まつ毛にもつける。

アイライナーもやや濃いめに引くことがポイントだ。

眉とは反対に、口紅は薄い色にする。

赤やボルドーといった濃いめの口紅をつけると古くさい感じになってしまうので注意しょう。

 

・老眼鏡をかける隠も美しく見せるには

メガネをかける時、目元や眉にはっきりしたメイクをしたほうが美しく見えるのはサングラスや、近視用メガネの場合の話。

老眼鏡では、アイメイクは反対にできるだけ控えめにしたほうがよい。

 

これは、老眼鏡のレンズが目を大きく強調させるからで、アイラインやマスカラなどは控えめにするのがコツ。

アイシャドーも拡大されて見えることを考慮に入れて、色の差をあまり出さないように心がけよう。

眼鏡をはずした時に、少し地味かなと思える程度のアイメイクが、上品で自然な表情をつくりだしてくれる。

 

関連記事

→アイメイクの基本と仕方!デカ目にするコツ!

→アイラインのうまく引くコツ!シャドーはどう使う?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。