美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

ニキビ跡や原因とケアの仕方!

ニキビ&毛穴の対処法!

 

●膿んだニキビには大根おろしの汁を

ニキビは「青春のシンボル」といわれるだけに大人になるにつれて自然に消えるもの。

しかし、だからといって放っておけば化膿したり薄黒い痕が残ったりする。

 

意外なことに、ニキビには大根おろしが効く。

ニキビは汗腺や脂肪を分泌する腺の出口に指肪が詰まってできたもの。

大根おろしにはこの脂肪の塊を分解する効果があるのです。

 

大根おろしの汁をコットンやガーゼに含ませ、患部をたたくようにするだけ。

これで膿んだニキビもすっきり治る。

スポンサードリンク

 

●砂糖を溶いた卵白でニキビを治す

吹き出物ができてしまった時、家庭の台所にあるもので簡単に治せる方法を紹介しよう。

卵の白身を溶き砂糖を少々混ぜたら、これを吹き出物に塗る。

 

たったこれだけで、炎症や化膿が止まって、吹き出物もいつもより早く治るはず。

また、野菊などを煎じて、その汁で吹き出物を洗うのも効果的。

庭や道端に野菊が生えていたら、ぜひお試しを。

 

●シャンプーやりンスが原因ということも

ニキビを甘く考えていると、「青春のシンボル」の痕が中年になっても顔に残ることになりかねない。

むやみに指で触ったり、自分で潰してしまうと、毛穴が傷つき、細菌が入って化膿する。

 

ひどい場合には、皮膚に穴があいてクレーターのようになるので、専用の薬などをつけてきちんと治療しておこう。

おでこにブツブツとニキビができている人はふだんから前髪をあげるようにすれば、少しはちがう。

髪の生え際にニキビができてなかなか治らないという人は、自分の使っているシャンプーやリンスを見直すことも必要。

しっとりタイプのシャンプーやリンスが皮膚について残っている可能性があるので、刺激の少ないものに変えてみよう。

 

●ラベンダーオイルを直接塗る

ラベンダーには炎症鎮静の作用があり、ニキビや吹き出物には効果が期待できる。

1日3~5回程度、患部にラベンダーのエッセンシャルオイルを綿棒などで直接塗ってやるといい。

また、洗顔後、化粧水などに利用されるラベンダーの芳香蒸留水を使うのもいいし、ラベンダー2滴、クラリセージ4滴を入れた浴槽に入るのも効果的だ。

 

●背中のニキビは石けんでよく洗う

ニキビは顔にできるだけと思ったら大きな間違い。

背中は顔同様に皮脂の分泌が多い場所。

 

顔にニキビができやすい脂性の人は、背中にもできる可能性が大きい。

だから、背中も顔と同じぐらいしっかりケアし、いつも清潔に保っておくことが大切。

とくにニキビになりやすい背中のくぼみは、ボディブラシを縦に持ち、上下に動かして、余分な皮脂を落としておこう。

 

もしニキビができてしまったら、ボディソープではなく石けんに変えるといい。

ボディソープはしっとりと洗いあがるものが多く、成分が肌に残ると、ニキビが悪化してしまう場合があるからだ。


スポンサードリンク


 

●ニキビのできやすい生理前は要注意

女性は生理一周期に合わせて、ホルモンの分泌状態が変化する。

生理の前2週間ほどは黄体期といって、男性ホルモンの作用を受けやすい体になっている。

 

男性ホルモンは、皮脂の分泌を促すもの。

これがニキビの原因になりやすい。

肌をいつも以上に清潔に保ち、睡眠もたっぷりとって肌を疲れさせないようにしよう。

 

●Tゾーンの毛穴の汚れはこれでスッキリ

気になるTゾーンの汚れは、きれいに洗顔したあと、汚れが気になる部分に蒸しタオルを当てて5分間ほどパックすれば、毛穴が開いて、中から汚れや皮脂が浮き上がてくる。

あとは浮き出した汚れを拭き取るだけ。

 

最後にひきしめタイプの化粧水をコットンに含ませて軽くたたくようにつければサッパリする。

毛穴の汚れを取るパック剤を買わなくてもある程度取れるし、蒸しタオルの心地よきで気分も爽快だ。

 

●毛穴が目立つのはたるみが原因

毛穴が目立つのは、毛穴に汚れが詰まっていることも原因の一つだが、肌に水分が足りない場合や、意外なことにたるみなども原因になっていることがある。

入浴のあと化粧水をしっかりつりて毛穴が目立たなくなるのであれば水分不足が原因なので、化粧水や乳液でしっかり肌のバランスを整えておこう。

 

小鼻周辺の毛穴が気になる場合、頬の肉を持ち上げて、毛穴が消えてしまうようなら、たるみが原因。

持ち上げ効果のある美容液やクリームを使って、たるみをできるだけ取り去るように努めよう。

 

関連記事

→手作り化粧水の作り方やクレイジングオイルの選び方!

→洗顔のオススメテクニックと肌にあった洗顔料の選び方!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。