美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

美肌になる秘訣やポイント!

美肌を長く保つポイント!

 

●カレー用スプーンでマッサージ

ほどよいカーブとなめらかな感触をもつ、ステンレスのカレー用スプーン。

これがマッサージに最適な用具になる。

 

スプーンの背のほうにマッサージクリームやオリーブオイルをたっぷり塗り、軽くなでたりピタピタたたいたり…。

頬でも額でもお好きなところをどうぞ。

 

●顔のうぶ毛剃りにもコツがある

顔色がなんとなく冴えず、ボヤけた印象だなと怒ったら、顔のうぶ毛をそってみよう。

カミソリで顔をそることによって、うぶ毛だけでなく、肌表面の角質も一緒にはがれ、新しい角質に生まれ変わる。

 

じつに効果的なフェイスケアです。

顔そりのポイントは、額の生え際から1センチ離した場所からそり始め、眉は周囲の1センチを残しておくこと。

毛の生え際までそってしまうと、境目がはっきりしすぎて、不自然な感じになる。

 

顔そりをするなら、紫外線の刺激をさけるため外出しない日を選び、できれば排卵日の前後にする。

肌の状態もいちばん安定している時で、傷ついた肌の回復も早い。

顔そりのタイミングは若い人で月に1回、それ以外の人なら月に2~3回ぐらいを目安にして、肌の新陳代謝を促そう。

スポンサードリンク

 

●起き抜けの1杯の水でツヤツヤに

肌がカサついたり、便秘ぎみで悩んでいる人は、朝起き抜けに水をコップ1杯飲む習慣をつザるといい。

起き抜けはいつもちょっとした酸欠状態。

 

ここで水を飲むと、体中の細胞に水分が浸透し、体全体がイキイキと動きだす。

また、朝に水を取ることで、水分が体に蓄積されるので、肌もツヤツヤしてくるというわけ。

しかも、水分を吸収することで腸が温まって、活動的になるから便通までよくなるという嬉しいおまけつき。

水がすんなり飲めないのなら、コップ1杯の水にレモン汁を数滴加えると飲みやすくなる。

 

●モイスチャーパックが効果的な時とは

肌にうるおいを与えるモイスチャーパックは、入浴中にするとよい。

サウナに入っているような作用がもたらされて効果も倍増するし、洗い流す時も汚れず簡単なので、とても便利だ。

 

ただし、これはあくまで洗い流すタイプのモイスチャーパックの場合。

肌に緊張感を与えて活力を与えるパックや、顔からはがして汚れを取り去るピールオフタイプの場合は、入浴中におこなうと効果が半減するので気をつけよう。

 

●パック剤は剥がす方向に注意

せっかく時間をかけてパックをするのだから、より高い効果が得られるはがし方を知っておきたい。

肌にうるおいやハリを与えてくれるタイプは上から下へ向かって、角質を取り除いてリフレッシュさせるタイプは下から上へが鉄則です。

というのも、肌の細胞は、魚のウロコのように上から下に向かって並んでいるからである。


スポンサードリンク


 

●パックは週に何回おこなえばいい?

パックをすると、毛穴の汚れを取り除いて血行もよくなるので、終わったあとのツルツルした感じがとても心地よい。

でも、だからといって毎日のようにパックをしていると、肌へのダメージが大きくなってしまうので、パックは週に1度ぐらいにとどめておこう。

 

ちなみに、肌荒れやニキビなど肌のトラブルが起きている時と、肌が敏感になっている生理の前は避けたい。

自分の生理のサイクルを意識して、そろそろだなと思ったらパックは控えておくのが無難だ。

 

●美しい肌を長く保つ秘訣とは

いつまでも美しい肌を保ちたいと願うなら、夜の10時には必ず就寝することが理想的だ。

みずみずしい肌を保つためには皮膚の新陳代謝が活発であることが条件。

 

古くなった皮膚を新しく再生する機能がしっかり働いてさえいれば、いつまでも美しい肌でいられるということになる。

皮膚の新陳代謝はいつおこなわれるかというと、睡眠中。時間でいえば、だいたい午後10時から午前2時頃だ。

さらに、成長ホルモンがたくさん分泌され、新陳代謝が活発になるのは、深い眠りのノンレム睡眠の時。

 

ノンレム睡眠は眠ってすぐ起こる。

ということは、午後日時頃に寝始める状態でいられれば、肌の新陳代謝がいちばん

いい状態でおこなわれるので、美しい肌を長く保つことができるというわけ。

 

夜ふかしした翌日の肌が荒れてしまっている理由も、これで納得だ。

なるべく早く寝るようにして、美肌を保つようにしよう。

 

●月曜日の朝の肌を元気にするワザ

疲れた肌や表情で出動する月曜日にならないために、週末の過ごし方に心くばりをしておこう。

どんなに疲れていて休息をとりたくても、日曜日は午前中に起床するのがそのポイント。

日曜日と思って朝寝坊したために、かえってその夜眠りにつきにくくなり、結果的に寝不足で月曜日の朝を迎えることになるからだ。

 

●若々しい素肌美人になるために

気分がイライラしたり腹を立てていると、それだけでオバサン顔になってしまうから、できるだけ気分を穏やかにしていることが、若々しい美しさを保つ秘訣。

気分のコントロールは自分でするしかないが、ホルモンの分泌で変化することを知っておこう。

 

イライラしたときはアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が盛んな時。

これを抑えてくれるのがエンドルフィン。

脳内麻薬として話題になったホルモンだ。

 

たとえば、友情に助けられたとか、肉親のありがたみを感じたといった経験があれば、その時のことを思い浮かべるだけでエンドルフィンが分泌されるという。

誰かに、また何かに感謝の気持ちを抱くだけで穏やかな美しい表情になるし、肌にもいいということだ。

 

関連記事

→乾燥肌にオススメの化粧水ランキング!

→化粧水や乳液の効果がアップする使い方!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。