美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

ムダ毛のオススメ処理方法!

ムダ毛を上手に処理する方法

 

●「逆ぞり」は肌を傷める

ムダ毛をそる時、カミソリで毛の生えている方向とは逆からそっている「逆ぞり」をしている人が多い。

逆ぞりすると、確かに毛もよくそれて、そり残しもなくなる。

 

だが、これはおすすめできない。

女性の肌はデリケート。

逆ぞりを続けていると皮膚の表面に細かい傷がついてカミソリ負けしてしまう。

 

小さな傷だからと安心していると、やがてシミになるケースも。

ムダ毛の処理をする時は、必ず毛の生えている方向と同じ向きに、優しくカミソリを滑らせるようにしてそろう。

スポンサードリンク

 

●ムダ毛処理の鉄則とは

肌の露出が多い服を着る夏になると、毎日のようにムダ毛を手入れしている人がいるが、カミソリや毛抜きを使うことは少なからず肌を傷つけることになる。

せいぜい処理は週1回程度にとどめておきたい。

 

カミソリを使う時は肌を清潔にして、きちんと切れるカミソリかどうかを必ず確認する。

刃を当てる前には必ず肌にローションや乳液などを塗る。

もし何も塗らずにそった時はボディローションなどで肌を整え、保湿を忘れずに。

 

毛抜きも同様で、肌も道具もきれいにしてから始めること。

毛抜きの場合、処理のあとは肌が少し荒れているのでローションなどはつけないほうがいい。

 

●道具は消毒してから使う

ムダ毛をそる時、カミソリや毛抜きなどの道具は消毒用のアルコールで拭くか、ぬるま湯で洗ったあと、よく乾かしてから使うようにする。

道具が清潔でないと、処理中に雑菌が入るおそれがあり、そり具合が悪いと肌を傷つける可能性があるからです。

 

カミソリは使い終わったらぬるま湯で流して、毛やクリームなどをよく洗い落とし、きちんと干しておく。

電気シェーバーなら刃をていねいに掃除しておこう。

カミソリはあまり高いものではないので、できれば1回使ったら、その都度取り替えるようにしたいものです。


スポンサードリンク


 

●除毛用クリームはパッチテストが必要

フォームやクリームなどの除毛剤を使う時は、まず最初にパッチテストをして、肌に影響がないかどうかきちんと確かめてから使うようにしたい。

弱酸性の肌に対して、除毛用のクリームはアルカリ性が多い。

 

これだけでも肌への刺激がきついのに、除毛剤は毛を溶かして処理するほどの強い刺激があるのだから、肌にかかる負担たるや相当のもの。

肌がそんなに強くない人は肌荒れの原因にもなりかねないので、必ずテストしてからつけよう。

 

●カミソリを使う時は温めてから

カミソリでムダ毛を処理する時は、そるところを温めてからするといい。

温めることで毛穴が開いて、毛が皮膚から押し出されるので、根元までしっかり処理できる。

 

蒸しタオルを軽くのせればいいが、入浴の時にすれば、体全体があたたまっているのでちょうどいい。

 

●ムダ毛処理もいろいろある

ムダ毛はそって処理するのが手軽だが、こまめにやらなければならないのが難点。

仕上がりがきれいで長持ちするのは、やはり脱毛です。

 

また、脱色してしまえば、毛をそらなくても目立たなくなる。

ただ肌の弱い人には、刺激が強くて向かないので、自分に合った方法を選ぼう。

ただ脱毛にも年月をかけてしないといけないのが欠点です。

 

お金をかけて脱毛をするのか自分でお手入れをするのか。

よく考えて選びましょう。

 

関連記事

→足の水虫や臭いの対策とお手入れの方法!

→美肌になる秘訣やポイント!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。