美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

アイシャドウの塗り方自分に似合う色の選び方!

アイシャドウのきれいな塗り方

 

こんな悩みはありませんか?

Q、アイシャドウを塗ると、そこだけがけに浮き上がってしまいます。

目全体がきれいに見える塗り方を教えてください。

 

A、アイシャドウは目頭から目尻までしっかり入れるもの、と思い込んでいないでしょうか。

だったらその「常識」をいったん、捨ててほしい。

メイクでは、アイシャドウは正面の顔にのみ入れることにしましょう。

スポンサードリンク

 

つまり、横顔となる目尻の部分には入れないということです。

横顔部分に入れると、顔は下がった印象になるのです。

アイシャドウののせ方は塗る時、道具はチップタイプのものではなく、ブラシを使う。

 

チップは色がドンとつき、グラデーションがつけにくい。

ブラシにアイシャドウをつけたら、そのまままぶたに持って行くのではなく、手のひらか子の甲でいったん色をなじませてから塗るようにする。

また、塗る時は「目を開けた状態」で色をつけることが大切なポイントです。

 

目を閉じた状態で塗ると、べったりと塗り絵的になりがちで、実際目を開けた時にきれいに見えないことが多い。

何はともあれ「アイシャドウは、必要なところに、必要な色を、必要な分だけのせる」これがポイントです。


スポンサードリンク


アイシャドウの色選び

 

Q、素敵な色に思うアイシャドウでも、使ってみるとあまり似合わないことがあって、ガッカリします。

アイシャドウの色の選び方を教えてください。

 

A、まず色の性質を理解してほしい。

白っぽいもの、または光っているもの、つまりパールやラメ入りは、前に出て見える。

前進の色。

 

反対に、暗い、濃い、くすんだもの、つまりマットな色は、引っ込んで見える後退の色です。

たとえば、奥目に後退色を塗ると、目はよけいに落ちくぼみ疲れた顔になる。

逆に、はれぼったい目に前進の色を使うと、まぶたはますます膨張して、目そのものが小さく見えてしまう。

 

だからアイシャドウ選びのポイントは、色ではなくパールかマットかが、重要になります。

自分の目に合うアイシャドウを決めるにはまず、その形、特徴を知ることから。

大きいか、小さいか、細いか、丸いか。一重か、二重か。

 

上がっているか、下がっているか、まぶたはくぼんでいるか、はれぼったいか。

正面、斜めとあらゆる角度から鏡を見て、しっかり観察しよう。

そして、全体のどこを前進させ、どこを後退させれば、目がきれいに見えるかを探っていくのです。

 

私の経験、試行錯誤からいうと、黄色い肌に合うアイシャドウの原点は、茶色の中間色です。

それもパールやラメ入りではない、マットな質感のものを二色混ぜて使う。

確かに店頭に並べられた色とりどりのアイシャドウを見ると「白っぽいブルーなら涼しい目元になるかな」「オレンジなら華やぐかしら」と胸がワクワクする。

 

だが、実際に塗ってみると、白っぽいブルーはグレーとなって目の輝きを失わせ、オレンジは華やぎというより不気味になって。

結果「こんなはずではなかったのに」と、せっかく買った製品がお蔵入りになってしまう。

また、それとは反対に「地味、パパくさい」と敬遠していた色が、案外目を輝かせてくれたりもする。

 

アイシャドウを買う時は、官頭の色の性質を考えつつ、必ずまぶたに試してからにしよう。

鏡を見るときは、ちょっと遠ざかって。

あなたが鏡をのぞき込む距離で、他人があなたの顔を見ることはまれ。

 

至近距離でいいと思う色も、50センチ離れると結構浮いていたりするから、そのチェックが必要なのです。

ブルーや紫、緑、黄色などの有彩色にトライしたいのなら、基本の茶色を塗った後に、使うことがコツです。

こうすれば、個性ある色も黄色い肌に馴染み、アイシャドウだけが目立つ、という失敗の目元にはならないはずです。

 

関連記事

→アイラインのうまく引くコツ!シャドーはどう使う?

→目元ケアの方法と眉カットのコツ!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。