美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

潤い肌や肌をキレイに見せる方法!

潤い肌にするには?

 

▼毎朝起き抜けに水を1杯飲む

うるおいのある肌は、コラーゲンの合間に水分がしっかり保たれています。

ですから きれいな肌にするには栄養と睡眠、そして単純なようですが水分補給がやはり大切。
1日に水を何度も飲みましょう。

 

特におすすめなのが、起き抜けの1杯。

寝ている間に多量の水分が失われています。
毎朝、1杯飲むことで、水分が細胞に行きわたります。

スポンサードリンク

 

肌をキレイに見せるには?

 

▼月1、2回顔ソリすること

毎月顔そりをすると、化粧ノリが全然違います。

洗顔後、蒸しタオルを顔に1分ほどあて毛穴を開かせてからそりましょう。

 

化粧水や乳液をつけるとすべりもよくなります。

 

●肌をしっとりさせるには?

お風呂から出たら、服を着るより先に化粧水をすることです。

入浴後は、化粧水や乳液などで一刻も早く保湿しましょう。

 

顔や体を洗うことによって、肌を保護していた皮脂膜などが洗い流され、肌の表面から水分がどんどん失われてしまうからです。

まだ肌が湿っているうちに保湿すれば、水分の蒸発を最小限に抑えられます。

お風呂上りは、きっとタオルで体をふいたら、服を着る前にまず化粧水や乳液をしてくださいね。

 

また牛乳洗顔もオススメです。

牛乳には、肌によい栄養素が豊富に含まれており、また、保湿や角質除去など、スキンケア効果も期待できます。

肌が乾燥して荒れているときは、牛乳風呂もいいのですが、もっと手軽な牛乳洗顔をやってみましょう。

 

まず、普通に洗顔し、水かぬるま湯で顔をすすぎます。

その後、室温に戻しておいた牛乳で顔全体を優しくすすぎます。

仕上げにぬるま湯で牛乳を洗い流すと、肌がしっとりなめらかになります。


スポンサードリンク


 

●肌のテカリを抑えるには?

▼冷蔵庫で冷した化粧水を使うこと

顔のテカリが気になるからといって、過度に洗顔したり、脂取り紙でしょっちゅう吸い取ったりしていれば、皮脂の分泌がよけい盛んになってしまいます。

 

テカリによる化粧崩れが気になるときは、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水を使いましょう。

肌の温度が下 がると毛穴が締まり、化粧崩れしにくくなります。

 

●肌の乾燥を防ぐには?

▼電子レンジを使った即席ホットパック

気温が低かったり、疲れがたまっていたりすると、血液循環が悪くなります。

 

そうなると、顔色が悪くなったり、化粧ノリが悪くなったりしてしまいます。

そこで、蒸しタオルで顔にホットパックし、血行を促進させましょう。

ホットタオルは電子レンジですぐできます。

 

洗顔後、タオルを濡らして軽く絞り、電子レンジで1分半ほど加熱します。

それを縦2つ折りにし、アゴの下で折り返して、鼻の部分は呼吸のために開け、顔全体を包むようにのせます。

そのまま1~2分ほどパックすると、肌の血行がよくなって角質が柔らかくなり化粧ノリも格段によくなります。

 

パック後は、すぐに化粧水や乳液などをつけましょう。

また、肌の乾燥にはやっぱり栄養も大切です。

緑黄色野菜を食べましょう。

 

肌の乾燥を防ぐには、ビタミンAをとりましょう。

ビタミンAには、肌の新陳代謝を活発にし、肌の乾燥やシミ、シワなどを防ぐ働きがあるからです。

また、粘膜の健康を守るので、目や唇の乾燥予防にも効巣的です。

 

ビタミンAは、ウナギやレバーに、体の中でビタミンAに変わるカロチンはほうれん草やにんじん、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

美容のためですから、嫌いなものでも食べればその結果はすぐに現れますよ!

 

関連記事

→乾燥肌にオススメの化粧水ランキング!

→乾燥肌や肌荒れなどの対策法!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。