美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

パウダーファンデーションのオススメの塗り方!

パウダーファンデーションのオススメの塗り方

 

●自分に一番似合う色を見つける時は?

▼頬下からアゴに試し塗りを

 

ファンデを選ぶとき、手の甲に塗ったり、首の色に合わせたりしていませんか?

でも、自分の肌色にピッタリなじむ色を探すのなら、やはり直接顔にのせて見るのが一番。

その場合、頬の下からアゴにかけて伸ばし、「明るすぎ」、「暗すぎ」、「違和感」を見極めましょう。

スポンサードリンク

 

●パウダーファンでションをキレイに塗るには?

▼スポンジに化粧水を含ませる

 

粉が浮きやすいパウダリーファンデ。

スポンジに水ではなく化粧水を含ませてみます。

肌へのなじみ方がグンと違い、ファンデーションの伸びもよくなるので厚塗り防止にも役立ちます。

余分なファンデーションを肌につけないためにも、スポンジを使用後に洗っておくことが大事です。

 

●ファンデを上級者並みに使いこなすには?

▼スポンジにひと工夫!

 

ファンデーションを自然に肌に伸ばしたいなら、大きく厚めのスポンジを用意しましょう。

このスポンジの表面をハサミでカットして凹凸をつけると、肌にファンデーションがよりなじみやすくなります。

小さい範囲を塗ったり、薄くたたき込むときも便利です。

 

●メイクしているのに素肌のように見せるには?

▼舞台用の化粧品を使う

 

ファンデーションを塗っていないように見せたかったら、ステージやスチールで使用すいるドーランを下地につけて、仕上げに透明のフェイスパウダーを。

ファンデーションは塗りません。

今のドーランは、日厚く塗らなくてもカバー力が優れており、メイクのプロもい使用しています。

ただし使用後の洗顔はしっかりと。


スポンサードリンク


 

●ファンデの厚塗りを防ぐには?

▼薄づきと厚塗りの組み合わせ

 

顔筋の流れはほとんど中央から外へ。

ファンデーションは、これに沿って塗ります。

最初にスポンジを置くところが一番濃くなるところですから、頬や額など広い部分から細かな部分へとのばします。

 

目頭、鼻の付け根、口角などは忘れやすい場所です。

肌に当たる光は、肌の表面の角質層を抜けて乱反射しています。

これが素肌感を出すのですが、全体を均一にファンデを塗ると、反射する光が単調になりますので、平面的で厚塗りに見えます。

 

頬や額、アゴは濃く、それ以外の場所、Tゾーン、目の周り、法令線などを薄く差をつけると、厚塗りのように見えません。

 

●小顔に見せるには?

▼ファンデを3種類使用する

 

まず、自分の肌色のファンデを顔全体に塗りましょう。

続いて、自分の肌よりも2~3トーン濃い目(茶系)のファンデをアゴのラインから首にかけてと、鼻の脇、額の両サイドにたたき込みます。

シャドウをつけることによって、立体的に小顔の輪郭を描き表すわけです。

 

さらに、自分の肌よりやや白いファンデーションを鼻筋、額の中央に塗ります。

これが、高きを強調するハイライト代わり。

最後に全体を自分の肌色のパウダーファンデで仕上げます。

 

●タレント顔にするには?

▼ファンデで輪郭を作る

 

タレントそっくりさんメイクのポイントは、いかにその人の輪郭をまねるかです。

まず、自分の肌色のファンデを塗り、次にブラウンで陰影をつけ、タレントの輪郭をい作り出します。

最後に、タレントの肌の色に近いファンデで全体に塗り仕上げ、眉、口もとの特徴を作りましょう。

 

関連記事

→フェイスパウダーの使い方とニキビをカバーするコツ!

→男性ウケのメイクや面接で成功するメイクとは?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。