美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

チークの入れ方や唇荒れや乾燥したときの対処法!

チークのコツ!

 

●チークカラーの選び方は?

▼自分の顔色+口紅の色で

 

失敗しない方法は、口紅と同系色を選ぶこと。

ただし、赤やブラウン系などの濃い口紅の時なら、チークはピンク系など、トーンを落とすのがカギ。

見せたい雰囲気に合わせて、優しい雰囲気なら淡いトーン、シャープにしたいなら濃い色を。

スポンサードリンク

 

●チークを上手に入れるには?

▼顔形別の入れ方はコレ!

 

付属のチークブラシは仕上がりがイマイチなので、別に大きめブラシを用意しましょう。

まず頬骨の位置を確認します。

手で触ってみて、こめかみの下から張り出しているのが頬骨。

 

この一番高い位置を中心にし、目の下に指1本入る間隔をあけ、チークはその下に入れます。

小鼻と耳下を結んだ線より上側に、そして瞳を真下におろした線よりも外側におさまるように仕上げます。

 

●小顔に見せたいときは

▼ブラウン系チークとハイライトを入れる

 

小顔に見せるには、ブラウン系カラーを大きめブラシを使って頬骨から下へ動かすように入れます。

そして、Tゾーンや頬骨の高い位置にハイライト効果のある白っぽいカラーを入れるとOK。

 

●若く見せたいメイクには?

▼額にチークをひと塗り

 

年齢よりも若く見せたい時は、額とアゴ先にピンク系のチークか、アイシャドウのホワイトを、仕上げにさっとひと塗りしてみましょう。

アクティブで若々しい感じになります。

ただし、あまり濃いチークや、塗りすぎは、飲みすぎか、酔っ払いのようになってしまうのでご注意を。


スポンサードリンク


 

唇荒れや乾燥したときの対処法

 

●若く見える唇とは

▼リップライナーで口角をアップ

 

リップライナーを描くときは、意識して口角をキュッと上げるように。

唇やその周りは乾燥しやすいので、こまめに保湿を心がけましょう。

 

●ふっくら唇にしたいときは

▼グロスや明るめ色づかいで立体効果を狙う

 

リップラインはやや大きめにし、山をなだらかに描きます。

そして、中央に塗った色より一段明るいカラーやグロスを重ねると立体感が出て、ふっくら唇になります。

 

●唇がガサガサになったら?

▼リップとラップでうるおいが復活

 

唇に厚めにリップクリームを塗ります。

次に、唇の大きさに切ったラップを唇に貼りつけます。

ラップをつけたまま少し口をあけて、かみそりで口のところにピッと穴をあけます。

 

こうすることでしゃべるために必要な場所まで自然と切り込みが広がります。

そのまま大体5分キープ。

飲食以外なら何でもできるので忙しい時にも便利です。

 

●唇の皮がむけてしまったら?

▼蒸しタオルを使えばきれいに取れる

 

日焼けで唇の皮がむけてしまったら、少し熱めのお湯に浸し、軽くしぼったタオルを唇にあてましょう。

わずか1分ほどあてるだけで、きれいに皮が取れてしまいます。

タオルがなければ、ティッシュペーパーを使ってもかまいません。

 

その後、リップクリームや乳液などを唇に優しく塗ってくといいでしょう。

 

★うるおいリップは蜜蝋があればOK

唇をうるおわせるリップを、自分で簡単に作る方法です。

用意するものは、ハーブ店などで売られているピーワックス(蜜蝋)小さじ4分の1と、スイー卜アーモンド油大さじ1。

 

力ップに入れて湯煎にし、溶けたらレモンやオレンジなどのエッセンシャルオイルを1滴。

小さなフタつき合器で保存します。

 

関連記事

→チークの塗り方や選び方!

→つけまの付け方やまつ毛カールのキープ、マスカラの塗り方!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。