美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

口臭の対策予防は何?

口臭の対策予防は?

 

●歯を白くするには?

▼食後すぐに口をゆすぐ!

 

色の濃いものや油っこいものを食べると、歯にその色や油がついたままになってしまうことがあります。

すぐに歯磨きできないときは、口の中をよくゆすいだり、うがいをしたりするだけでも効果があります。

またコーヒーやワインにも注意が必要です。

スポンサードリンク

 

コーヒーや紅茶、緑茶といえば、誰もが毎日当たり前のように飲む習慣がついているもの。

けれども、こうした濃い色素を含むものは、すぐに落とさないと、タンパク質と結合して歯の表面に付着し、ステインという黄ばみの原因となりやすいのです。

ほかにタバコ、コーラ、赤ワイン、口紅なども要注意。

 

最近では、ステインを取り除く天然酵素パパインが配合された専用歯磨き粉などが出ているので、歯の黄ばみが気になるようなら、そういったものを利用したり、審美歯科で歯のクリーニングをしてもらうといいでしょう。

けれどもやはり大切なのはい毎日の予防。

 

ステインの原因となる飲食物をとった後は、すぐに口をゆすいだり、うがいをするよう心がけましょう。


スポンサードリンク



●口臭の予防は?

▼舌苔をタオルでふき取る

 

口臭の原因の一つに、「舌苔」という舌についた垢が挙げられます。

舌の表面はザラザラしているため、食べ物のカスや微生物などが付着しやすく、それらが垢となって残ると悪臭を放つようになるのです。

そこで、タオルを使って、この舌窓口を簡単に取り除きましょう。

 

軽く濡らしたタオルを人さし指に巻きつけ、鏡の前で舌を思いっきり出して、タオルを巻きつけた指で舌をこそげるようにふいていきます。

このとき、舌が引っ込んでしまわないように、もう一方の手で舌先をつまんでおくといいでしょう。

すべらないように、タオルの端を利用すると、つまみやすくなります。

 

タオルでは刺激が強いと感じる方は、ガーゼを使ってもかまいません。

舌の奥には舌苔はつかないので、無理に奥までふき取らなくても大丈夫です。

 

▼暴飲暴食は避けるようにする!

 

胃の調子が悪いと、舌苔がつきやすくなります。

鏡を見ながら舌を出してみて、白っぽくなっていたら、胃腸の病気を疑う必要があります。

さらに、胃炎や胃潰療を患うなど、消化器系が弱っていると、食べ物がなかなか消化されません。

 

そのため、胃の中に残ってしまった食べ物の腐敗臭が、げっぷによって口もとまで上がってきて、それがより口臭をひどくしてしまうのです。

健康のため、また口臭を防ぐためにも、くれぐれも暴飲暴食をつつしんで胃腸をいたわりましょう。

 

▼三度の食事とティータイムをきちんととる!

 

口臭のきつさは、朝起きた時と食後2~3時間たった頃がピークになるといいます。

これは、空腹時には唾液の分泌が減るため、口の中に残った食べかすなどの臭いが、いっそう強くなってしまうことが原因のようです。

したがって、口臭を防ぎたかったら、3~5時間ごとの規則正しい食生活が一番ということになります。

 

つまり、1日3度の食事と、その合間のティータイムをきちんととって、唾液の分泌量を極端に減らさないこと。

昔から10時と3時におやつをとっていたのは、口臭予防からみても、とても理にかなったことだったのです。

 

関連記事

→キレイな歯や唇ケアのポイントや方法!

→チークの入れ方や唇荒れや乾燥したときの対処法!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。