美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

水スプレーの効果はマイナス!?化粧品の香料はリラックス効果に!

水スプレーの効果は肌にマイナス!?

 

化粧用・水スプレーは元々、乾燥した気候のヨーロッパの女性や飛行機に乗る機会の多いセレブ、フライトアテンダントから広まった美容法です。

初めに、あくまでも「水」なので多くを期待するものではありません。

でも、水は人間のみならず動物や緑物が生きていくために、必要不可欠なものです。

 

スポーツをするときに水分補給を適度にしないと、脱水症になってしまうと同じで、肌にも水分を与えないとある種の脱水状態になってしまいます。

肌が乾いているなら、まずシュッとひと吹きして水分を与えること。

この場合の水ですが、もちろん水道の水ではありません。

スポンサードリンク

 

化粧用の水です。

「エヴィアン」や「アベンヌ」の水スプレーは有名ですよね。

ただし、そのままにしておくと、皮膚表面に残った水分は皮膚温で蒸発しはじめます。

 

すると、逆に水分を奪って肌がつっぱった状態になります。

手軽に水分を逃さないようにブロックすることが大事です。

油分を少しでも含んでいれば、乾燥を防ぐことができます。

 

メイクをしている上に水を吹きかけたら、手のひらに少量の乳液を取りよくなじませて、顔全体を包みこむように押さえてください。

メイクもくずれずに、水分のブロックができます。

バッグの中に水スプレーを携帯したら、コスメカウンターでもらったお気に入りの乳液サンプルもしのばせておいてください。

 

もちろん、家でのケアも同様に、湯上り(水分補給と鎮静効果)やちょっとリフレッシュしたいときにお水をシュッ。

そして忘れずに油分を含んだものでブロック。

水には不思議なパワーがあります。

 

スプレーするだけでフェイスラインが引き締まったりリフトアップしたりするものもあります。

ただ持続性があまりないので、繰り返し行うことが必要です。

もう一つのオススメなのは、ベースメイクをナチュラルに仕上げる方法です。

 

粉おしろい(フェイスパウダー)の粉っぽさを目立たなくし、肌にフィットさせるときに、この水スプレーを活用しましょう。

ファンデーション、粉おしろいのあとに吹きかけて、ティッシュでやさしく押さえてください。

メイク直後なのにナチュラルな仕上がりになり、ティッシュにはファンデーションやパウダーがつかずに粉っぽさが消えます。


スポンサードリンク


 

化粧品の香料は肌にいい?

 

いい香りの化粧品を使うと、とても心地よいですよね。

私はこの香りの効果は大きいと思うのです。

それなのに、無香料のものしか使わないという人もいます。

 

今までに化粧品かぶれを起こした経験があって、その原因が香料だったという人が多いのです。

でも、本当に香料が合わなかったのでしょうか。

というのは、思い込みや勝手な判断をしている人がたくさんいるからです。

 

きちんとカウンセリングを受けて、スキンケアの説明に納得した人には、ほとんど化粧品かぶれはありません。

何十年も前には、精製されていない粗悪な香料を使っていたようなのですが、今や香料メーカーは、あらゆる研究をして安全対策に取り組んでいます。

なかには、本当に香料が合わない人もいるので、皮膚科などの専門機関でのパッチテストをオススメします。

 

また、薬局でパッチテストのキットが売られているので、自分でも簡単にできます。

化粧品の香りは、以前は原料臭を消すためとか高級感を演出するためと言われていました。

今はアロマセラピーを応用した、アロマコロジーと呼ばれる効果のためです。

 

これは、心理学のサイコロジーからきたものです。

なぜ、香りをオススメするかというと、化粧品を長く楽しんで使い続けるために必要なのと、精神的なリラックスにとてもいいからです。

気に入らない香りの化粧品だったら、その効果は無香料のもの以下ですから、気に入った香りを選ぶことです。

 

香りのないものは飽きるのも早く、その味わい度合いも浅くなるはずです。

ちょうど料理を食べるときに香りがしないのと、味覚が鈍くなるのと似ています。

ちょっと試しに鼻をつまんで何かを食べてください。

 

たとえ、匂いがきついキムチでもただの白菜の漬物と感じでしまうくらいですから。

いい香りの化粧品は効果が倍増するはずです。

私は、少し甘くて爽やかなフローラルハーブ系をオススメします。

 

リラックスに最適ですよ。

また、柑橘系のフレッシュな香りは気持ちの切り替えができます。

 

関連記事

→化粧品の医薬部外品の効果や海外よりも日本の化粧品の方がいい!?

→口臭の対策予防は何?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。