美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

肌の乾燥や顔色をよくするマッサージ法と目の周りのお手入れ法!

一分間のマッサージで肌がよくなる!

 

フェイシャルマッサージは顔面の筋肉に沿ってシワを伸ばすように…が基本ですよね。

でも、伸ばしすぎて逆にシワを作ってしまったり、皮膚をたるませてしまったりすることもあります。

そこで、このようなテクニックはプロのエステティシャンにお任せしましょう。

 

自分で行うマッサージは、もっと短時間でできる効率のいい簡単なマッサージをおすすめします。

朝、行うものはただ押すだけで、所要時間はそれぞれ1分ほど。

シワなどの部分の皮膚を柔らかくふっくらとさせて、脂分を出す皮脂腺や水分を出す汗腺の働きを促し、潤いのバランスをよくします。

 

また、血行を促すことにより血色のいい顔色にしてメイクののりをよくします。

メイク前に行う、クイックマッサージです。

スポンサードリンク

 

★メイクののりをよくするプッシュマッサージ

表情筋のゆるみやこわばりが取れて自然な表情になります。

 

①乳液をたっぷり、いつもの2倍くらいの量を取り、手のひらをこすり合わせてよく温めます。

②手のひらで額を包み込み、次にまぶた、頬、フェイスラインとゆっくり10秒ずつくらい温めます。

③そのあと表情筋を活性化するために、眉の上三点按法(指の腹でじんわり押す方法)によってゆっくり10秒くらい押します。

④次に小鼻の脇、頬骨の下、上顎と下顎がつながっているところのあたりを同じようにゆっくりと10秒くらい押します。

 

★肌の乾燥をなくすプッシュマッサージ

皮膚の生理機能を活性化するために、深部に刺激を伝えるようにします。

 

①と②は★メイクののりをよくするプッシュマッサージと同じです。

③さらに手のひらを指先が下まぶたに来るように頬骨の上あたりにそろえて置き、人差し指、中指、薬指の指腹でゆっくりと10秒押します。

④次に鼻の下、唇の下中央、口角下を両手中指でそれぞれゆっくりと10秒押します。

 

★顔色をよくするプッシュマッサージ

指の腹で、らせん状に強めに押す方法で、血行やリンパの流れを促し、血色のいい肌色を作ります。

 

①、②は★メイクののりをよくするプッシュマッサージと同じです。

③額中央の生え際から少し下がったところを両手中指で10秒押します。

④小指以外の全部の指先で額の生え際かをらせん状に強めに押します。

⑤次に耳の下の窪みを親指または人差し指でらせん状に強めに押します。

 

時間がない朝ですが、これらを組み合わせてもいいし、どれか一つでもいいので取り入れてみましょう。

今までのあなたとは、違ってくるはずです。


スポンサードリンク


目の周りのお手入れ法

 

目のまわりの皮膚は、顔の中でも一番薄い部分です。

また、皮膚腺や汗腺の分布が最も少ないところです。

それに、目のまわりの筋肉は、眼球を支えて表情を作るなどかなり酷使しています。

 

だから、シワになりやすいのは当たり前なのです。

そこで、一生懸命にシワを伸ばすためにマッサージをするのですが、これがまた強くこすったりしてしまうと、シワどころかたるみまでできてしまうのです。

この部分はやさしく丁寧にするのが基本です。

 

アイメイクを落とすときも、ゴシゴシこすらずにメイクアップリムーバーやクレンジングでなじませて、溶かすように取り去ります。

もしもマッサージをするなら、指の腹で押す方法をオススメします。

目のまわりにクリームや乳液をつけるときは、目じりのほうから、皮膚をたるませないように、指を滑らすようにして伸ばします。

 

皮膚が薄くてたるみやすい人は、こめかみあたりをもう片方の指先で押さえて、行いましょう。

それから、アイクリームのかわりにナイトクリームをたっぷりつける人がいますが、それはオススメしません。

ナイトクリームをたっぷりと使うと、皮脂腺がふさがれて皮脂が排出されずにつまってしまい、白ニキビ状になることもあるからです。

 

やはり専用のアイクリームを使いましょう。

デリケートな部分なので、負担のかからないライトなクリームや美容液で、しかも潤いを充分に保てるような専用のものがオススメです。

アイクリームは目尻から目頭に向かって塗りましょう!

 

関連記事

→朝のホワイトニング化粧品の効果はなし!?朝の効果的なスキンケアとは?

→肌のクレンジングクリーム、ミルク、オイルどれが一番?肌に合う洗顔料は?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。