美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

顔の角質を除去しケアする方法や日焼け止めのSPFなどの数値は関係ない!

顔の角質をためず、素肌美人になる方法!

 

肌の働きが正常であれば、角質は自然にはがれていきますが、新しい細胞ができにくい、あるいははがれにくい状態だと角質は厚くなっていきます。

すると、素肌美人からは遠くなってします。

それを防ぐ方法は次の通りです。

 

1.マッサージをしましょう

そうすれば、血行も促されて新しい細胞が生まれやすくなります。

また表面の角質細胞もはがれやすくなり、入れ替わりが促進されます。

 

2.パックをしましょう

角質や汚れが取れやすくなるようなクレイタイプのパックがオススメです。

スポンサードリンク

 

3.スクラブ洗顔をしましょう

洗顔料の中にスクラブ材が入っていて、これが皮膚表面の垢をこすり落としてくれます。

強くこすったり、長時間こすったりしないように気をつけましょう。

 

4.化粧水でふき取りましょう

コットンに化粧水を含ませて丁寧にふきとります。

化粧水には角質を柔らかくし取れやすくする作用があるので、洗顔後にオススメします。

 

このようなお手入れを全て取り入れるのではなく、その一つでもいいので、実行してみましょう。

1~3までは時々、週に1度くらいで充分です。

4の化粧水での拭き取りは毎日でもかまいません。

 

古い角質が取れてくると、肌はスベスベになり透明感が増してきます。

またメイクのノリもよくなり、ムラづきがなくなります。

ちなみにスクラブ材には、植物の種を砕いたもの、大理石の粉、ナイロンパウダー、繊維顆粒などがあります。


スポンサードリンク


 

日焼け止めのSPFやPAの数値にこだわる必要はない!

 

いまだに日焼け止めの数値にこだわる人がいるのは、ちょっと不思議です。

結論からいうと、SPF数値は日常生活からみればSPF10あれば充分なのです。

もちろん、つけ方や紫外線の浴び方にもよりますが…。

 

紫外線にはA、B、Cとありますが、地表に届くのはA、Bと言われています。

UVBはレジャー紫外線とも言われ、一度にたくさん浴びてしまうことで炎症を起こし、シミやそばかすが増える原因になります。

これまではこのB波長から肌を守るのが主流でした。

 

一方、UVAは毎日少しずつ浴びている紫外線で、生活紫外線ともいいます。

この紫外線は、肌に記憶され蓄積されてしまいます。

そして、シワやたるみを招き、皮膚の老化につながります。

 

しかもガラスを通すので、屋内にいても知らないうちに浴びてしまうのです。

この紫外線から肌を守ることが、今最も重要視されています。

UVBから肌をプロテクトする数値をSPFといいます。

 

この数値が高くなれば安心という変な概念が流行ってしまったので、日本では日本化粧品工業連合会が統一基準を設け、50以上のものには50+と表示して数値合戦を防いでいます。

この数値は日常生活ではSPF10程度、リゾートやスポーツでたくさんの量を浴びるときでもSPF25~30くらいあれば大丈夫なのです。

また、UVAから肌をプロテクトする数値のPAは+が一つで効果がある。

 

二つでかなり効果がある。

三つで非常に効果があるという基準になっています。

日常生活には+一つあればいいと思います。

 

先ほども述べましたが、その数値に安心するのではなく、毎日使用することを忘れないほうが重要です。

洗濯物を干すときや犬の散歩にも忘れずにつけましょう。

ベタつかずに白くならないものや、スリーインワンタイプなど、気軽に使えるものがオススメです。

 

関連記事

→化粧品の使用期限や顔の産毛処理の注意点!

→美容で肌にはスチームタオルが効果的!|夏や冬のケア方法!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。