美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

ピーリングがオススメの時期とは?|シミ対策の心得!

ピーリングがオススメの時期とは?

 

肌の角質が厚かったり、毛穴の状態が不安定だったり、皮膚の代謝がスムーズでない場合、専門医の先生との相談と診断によっては、いくつかあるピーリングの中からその人に合った料金とやり方で治療を行うことがあります。

私も鼻の毛穴が肉眼ではっきりわかるほど開いていることが中学のころからの悩みで、やっと出会ったのがクリスタルピーリングでした。

ノズルから出てくるヤスリの粉で毛穴を滑らかにする方法なのですが、やった後は薄く皮が剥ける状態が4~5日続くので、絶対にUVケアをしなければなりません。

 

なぜなら、皮膚が薄くなったところに紫外線が当たると、シミができるからです。

ということは、もうお察しの通り!

紫外線が強くなる5月はピーリングを避けなければいけない大事な時期なのです。

スポンサードリンク

 

人によって治療の回数が変わるので、いつまで通うのかを事前に聞くことも大事。

それは脱毛でも同様。

専門医でも時期についてアドバイスしてくれない場合もあるので、自己管理がしっかりできて、滑らかツルツル肌を維持できる自信を持ってからにすること。

 

料金が安すぎる、薬の説明がない、等は危険。

アフターケアがしっかりしているかどうか、事前のリサーチをきちんとしてから、後悔のないようにしましょう。

 

 

シミ対策の心得

 

美容に関してで、「シミを消したいんですが、化粧品で何かありませんか?」という質問をよく受けますが、ハッキリ申し上げましょう、「ありません」。

では美白製品とは何?

と疑問が湧いた人、鋭い! と言いたいところですが、「美白」とは、美容用語で、『シミ、ソバカスのない肌』にあやかって、シミやソバカス、クスミのないような美しい肌、というのが本来の意味。

 

ですから美白クリームや美白用化粧水を肌に塗ったからといって、肌が白くなったり、シミが消えるわけではないのです。

では何をするものなのか。

各メーカー、シミが消えるくらいのレベルを目指して、成分の研究に日夜励んでいて、一つの製品が世に発売されるまでには、5年、10年とかかります。

 

今日の美白製品は、「これ以上シミやソバカスを増やさないための肌作り」をコンセプトにしていると言えるでしょう。

皮膚科ではハイドロキノンと呼ばれる、シミを消すための特別な治療がありますが、私の知り合いが体験したのをお伝えすると、牛のような白と黒のまだらな肌色になり、3ヶ
月マスクをした生活に、精神的に不安定になってしまった、とのこと。

半年たってもファンデーションから地肌が透けて色のバラツキが目立つのは、見ている側もツラい。

 

やり過ぎには注意したいものです。


スポンサードリンク


おいしいコスメ!

 

狂牛病や鶏インフルエンザ問題が深刻化する今日、化粧品にも安全の意識を持つことが大切ではないでしょうか。

例えばコラーゲン。

これには動物性と海洋性があります。

 

それぞれの効果効能を理解して、責任をもって使っていれば完壁。

ところが、ただ肌にいい、肌によさそう、という単純な意識で成分を選ぶのは安易すぎ。

そこでこの機会に、自分に必要な化粧品の成分が何か、今何を使っているのかを見直してみましょう。

 

一般的に、ビタミンAは抗シワ、ビタミンCは美白、ビタミンEは血行をよくしてくれる成分として、化粧品に配合されているものが充実しています。

また最近、豆乳や納豆といった豆製品をモチーフにしたアイテムも人気沸騰中。

納豆「臭い」という強烈なイメージの食べ物が、まさか化粧品に反映されるなんて、全く考えもよらなかったことです。

 

ちなみにフルーツや花をイメージしたものは、イメージが先行して、本来の成分とは違うもので製品を完成させているものもあります。

ということは、ますます原料チェックは大事ということに。

今使っている化粧品、さっそくチェックしてみましょう!

 

関連記事

→顔の角質を除去しケアする方法や日焼け止めのSPFなどの数値は関係ない!

→春夏秋冬、肌ケアの方法!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。