美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

メイク落としや口紅の間違った成分とは?

口紅の間違い成分

 

水に濡れた口紅の正体はなにかわかりますか?

以前の口紅は、脂とロウとタール色素を混ぜ合わせてつくられていました。

そこには、合成界面活性剤も合成ポリマーも入っていません。

 

タール色素は肌にダメージを与える成分ですが、脂が混ざっていることでダメージは最小限に抑えられていたのです。

しかし、シリコーンポリマー系の「落ちないファンデーション」が世の中を席巻したのにともなって、「落ちない口紅」が求められるようになりました。

現在の口紅は、皮膜剤として合成ポリマーを使っているもの、タール色素にシリコーンオイル(シリコーンには樹脂、オイル、ゴムの3グループがある)を入れ、オイルが揮発して収縮する性質を利用し、口紅を落ちにくくしているものの2タイプが大勢を占めています。

スポンサードリンク

 

どちらの場合も化粧くずれしやすい脂がはずされたため、落ちにくい口紅やピカピカと光るような「濡れた口紅」が出現したのです。

しかし、これは落ちにくいファンデーションと同様、溶剤や合成界面活性剤を混ぜた強力なメーク落としを使わなければなりません。

今はそうしたメーク落とし用のクレンジング類が多く出回っていますが、ちょっとなすりつければすぐに落ちるというのは、合成界面活性剤がたっぷりと使てである証拠です。

 

シリコーンはもともと水にも脂にも溶けにくい成分ですから、一拭きしたくらいで落ちるわけがありません。

一見便利なようでも、口紅を落とすたびに唇の環境を破壊しているということを忘れないで欲しいものです。

唇の皮膜が弱くなると、タール色素の毒性が皮膜内に入りやすくなると同時に、合成界面活性剤の毒性も一緒に浸透しやすくなります。

 

そうなった場合、タール色素は皮膜内で紫外線を浴びて色あせ、唇は褐色化してきます。

また、壊れた皮膜を修復するためにメラニン色素が送り込まれ、墨でアウトラインを描いたような被害者も出てくるでしょう。

合成界面活性剤の毒性については、何年後にあらわれるかわからない慢性毒の症状が特に心配されます。

 

このように、口紅をはじめすべてのメーク用化粧品から油脂分を抜いてしまった現在、それらが徐々に肌や唇の環境をむしばんでいくのだという事実を、皆さんにも一度真剣に考えていただきたいと思うのです。


スポンサードリンク


メイク落とし用化粧品の間違い成分

 

メーク用化粧品の基剤として、吸着力の抜群に高いシリコーンが開発され、「落ちないメイク」がトレンドになって以来、メーク落とし用化粧品の必要性はまずまず増大しています。

シリコーン系ポリマーをたくさん使ったメイク用化粧品は、ふつうの合成界面活性剤では素早く、きれいに落とすことができません。

そこでメーカーは、クレンジングオイル(またはクレンジングクリーム、クレンジングジェル、メーク落とし用洗顔フォーム)の中に、シリコン系の合成界面活性剤(同じ名称でも界面活性の強いものから極端に弱いものまでいろいろある)を入れておくか、はじめからメイク用化粧品の中にシリコン系の合成界面活性剤を入れておくようになりました。

 

これなら落ちにくいメイクも簡単に落とせます。

つまり、1日中落ちない強力なファンデーションや口紅は、強力な種類の合成界面活性剤で落とそうというわけですが、これでは肌の休まる暇がありません。

昼間は合成ポリマー入りのファンデーションや口紅で肌を密閉し、寝る前には合成界面活性剤(日合成洗剤)入りのクレンジングオイル(クリーム、ジェル)で皮指や角質層の脂分をとり去って、代わりに水を閉じ込める。

 

そして、朝目ざめると再び合成界面活性剤の入った洗顔フォームで顔を洗うのですから。

このサイクルを続けていく限り皮脂の分泌はどんどん低下し、角質層の脂分も抜けていくばかりです。

その上に、タール色素と合成界面活性剤の毒性による複合作用で、肌や内臓の健康までおびやかされることになるのです。

 

しかし、消費者本人は水を大量に含んだ肌を「潤っている」と喜び、みずからの肌が乾燥化し、信じられないスピードで老化していることに気づかないまま、危険な時を過ごしてしまうのではないでしょうか。

30代くらいまでの若い女性では、現在のクレンジングクリーム(ジェル、オイル)がメイク落としの定番になっていると思いまずから、それ以前に安全なコールドクリームというものがあったことを知らないかもしれません。

 

昔のコールドクリームは、多くの脂と少量の水を石けんで混ぜ合わせた(けん化法)ものでしたが百数十年前、バニシングクリームに色剤を入れたファンデーションが流行。

これを落とすために、水をなくした純脂性のクリームが洗顔用クリームとして考案され、無水型コールドクリームあるいは非乳化型コールドクリームと呼ばれました。

ファンデーションを溶かして拭きとるためのこのコールドクリームは、肌に安全なものでした。

 

ファンデーションに合成界面活性剤が使われていたとしても、寝る前にコールドクリームでメークを落とせば、少なくとも一晩は肌環境の良い状態を保つことができました。

しかし、人々はやはり簡単・便利で使用感の良いもののほうに心が動きます。

いつしか肌に安全なコールドクリームは隅へ追いやられ、合成界面活性剤を多量に加えた危険なクレンジングクリームがメイク落としの常識になってしまったのです。

 

今もコールドクリームという名前の製品を販売してるメーカーがありますが、その内容は合成界面活性剤を使ったクレンジングクリームに他なりません。

その証拠に、洗い流すときは水でOKというものばかりだからです。

昔ながらのコールドクリームなら、いくら改良したとしても、水で簡単に洗い流せるようにはなりません。

 

それは、合成界面活性剤を入れない限り不可能だからです。

結局は、「安全」のイメージを強調したいがためのネーミングなのでしょうが、本来のコールドクリームを知っている人間にとっては実にまぎらわしいことです。

したがって、市販のコールドクリームが安全なものばかりとはいえない、ということも覚えておいて欲しいと思います。

 

関連記事

→化粧水、乳液、クリームの間違った成分とは?

→コスメブランドの値段はどれくらいが妥当?ダブル洗顔とは?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。