美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

ネイルアートのやり方とマニキュアを簡単に落とす方法!

マニキュアを上手に落とすコツ

 

●除光液は使う回数を控えて

マニキュアをいったんつけたら、何度も塗り直さずに、できるだけ塗ったままにしておこう。

マニキュアを落とす除光液に含まれるアセトンやトルエンには、爪の水分や脂分を取り除く性質があるからで、爪のためを思うなら除光液を使う回数を極力控えたほうがいい。

 

●使う時はたっぷり、一気にふき取る

マニキュアを落とす時、除光液をつけたコットンでゴシゴシこすると、爪が傷んだり、指や甘皮にまで薬品が付着するので、一気に拭き取るようにする。

爪によくないから、と除光液の量を減らして何度もこするほうが爪を傷めてしまうのです。

 

そのためには、コットンに除光液をたっぷりと含ませたら、爪の上に置いてそっと5秒程度押さえる。

それから、コットンを押さえたまま指の先端に向かって一気に引くと1回で落とせる。

除光液はケチらず、たっぷり使うのがコツですよ。

スポンサードリンク

 

ネイルアートを楽しむコツ

 

●簡単にできる2色使いのコツ

数年前から人気のネイルアート。

誰でも簡単にできるネイルアートの基本は、ベースのマニキュアの色に1色加えるだけの2色使い。

 

これさえ覚えてしまえば、あとはいろいろ応用してネイルアートが楽しめるようになる。

まず爪全体にべース1色を塗り、ベースの色が乾いてから、爪の先に別の色を斜めにいれるだけ。

2色目はすばやく塗るのがコツ。

斜めの角度をいろいろ変えてみるとおしゃれですよ♪

 

●3色使っておしゃれを演出

2色使いをマスターしたら、3色を重ねると、さらに爪をおしゃれに演出できる。

まず爪全体にべースのマニキュア1色を塗り、2色塗りのやり方で2色目のマニキュアを斜めに塗る。

 

次に反対側から斜めに3色目を重ねる。

3色の場合は、いちばん上のマニキュアの色を濃いめにすると指先が細く見える。

タテに3色塗ったり、横に3色塗ったりバリエーションを楽しもう。

 

●ラインストーンの楽しみ方

マニキュアを塗った上に飾りつけるネイルアートの小道具にラインストーンがある。

シルバーやゴールドの光沢があるもの、星形、円形などがあり、爪につけるとおしゃれ。

 

細かいものなのでつける時は注意がいるが、簡単につけるコツがある。

オレンジウッドスティック(甘皮おこし)か爪楊枝の先にトップコートを少量つけてラインストーンをつけ、マニキュアの上のトップコートが乾ききらないうちに、爪の上にストーンをのせる。

上から再びトップコートを塗れば出来上がり。

 

ストーンがつきづらくなったら、ストーンの上からトップコートをくり返し塗るといい。

トップコートがのりの役目をする。

オレンジウッドスティック、トップコートは化粧品店、ドラッグストアで手に入る。


スポンサードリンク


 

●ネイルシールで雰囲気は変わる

爪にペタンと貼るだけのネイルシールは簡単で、花柄、蝶などいろいろな模様を楽しめる。

使いたいシールを爪に当ててこするタイプや、シールを水に30秒ほど浸して台紙からシールをはがし、爪に軽く押さえるタイプがある。

 

シールをはがすときは、スティックのへラの部分を使えばきれいにはがせる。

シールの柄や貼る角度だけで指先の雰囲気をガラリと変えることができる。

シールも化粧品店、ドラッグストアなどで入手できる。

 

●ストーンやシールがとれた時は

シールが取れてしまった場合は、トップコートを塗る前ならば、はがして同じシールを貼り直せばOK。

トップコートで仕上げてしまったあとなら、はじめからやり直すしかない。

 

ラインストーンが取れてしまった場合は、貼りたい部分にトップコートを置いてその上にストーンをのせればいい。

べースカラーと同じ色を使うと厚塗りになりすぎてムラの原因になるので要注意。

 

●のばせない爪をスマートに見せるコツ

スポーツなどをしていてどうしても爪がのばせない人は、ふだんから爪の根元の甘皮の処理をていねいにしておくと、健康な爪がのびてきてスマートな印象に。

甘皮の処理は痛くない程度でいい。

 

形を整える時は爪切りではなくヤスリで削る。

マニキュアを塗る時は、はっきりした濃いめの色にし、淡い色を楽しみたい時は、デザインを加えるといい。

細いラインシールを塗ったり、2色で色を塗り分けたり、爪の先端にストーンやシールを飾るとスマートに。

 

関連記事

→マニキュアやペディキュアを簡単に塗るコツ!

→チークの塗り方や選び方!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。