美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

クレンジングのメリット、デメリットとマスカラを落とすコツ!

クレンジングのメリット、デメリット!

 

2000年頃から、メイクの主流はマス力ラに移行。

それと同時に、急速にオイルクレンジングのニーズは高まってきた。

ウォーターブルーフのマスカラだってスルリと落とせるその便利さが、忙しく働く女性たちの心をとらえたのも納得。

 

ただ、オイルクレンジングがメイクに素早くなじむ性質は、肌のバリア機能である、セラミドなどの細胞間脂質にもなじんでしまう場合もある。

だから、メイクがなじんだと思ったら、早めにすすぐべき。

また、オイルクレンジングの場合、スッキリとすすげず、ヌメリが残る場合も。

スポンサードリンク

 

それを避けるために、顔の上で水を加え、白濁するまで乳化させてからすすぐと、汚れ落ちもスピーディ。

その一方で、細胞間脂質となじまないよう設計されているオイルクレンジングもあるから、お店の人に確認してみよう。

ミルクやクリーム、ジェル状クレンジングは、水分の中にオイルが浮いている状態。

 

最初に肌に触れるのが水だから、刺激は少ない。

さらに、オイルクレンジングに比べて油分も少ないので、肌を乾燥させることもない。

ただ、メイクとなじむまでに時間がかかるのがデメリット。

 

こちらのほうは、のんびりマッサージを兼ねる感覚でクレンジングするのが正解。

クレンジングしているうちに、指がフッと軽くなったら、すすぎどき。

クリームやミルクは乾燥肌向き。

 

油分の少ないさっぱりタイプのジェルクレンジングは、二キビに悩んでいる人にオススメしたい。


スポンサードリンク


 

マスカラを落とすコツ!

 

ミルクやクリーム、ジェルクレンジングでは、落ちにくいマスカラまでは落とせません。

オイルクレンジングを使う場合でも、マスカラを落とすために、ゴシゴシと目元をこするくらいだったら、事前にアイメイクアップリムーバーで落とした方が肌にはいいです。

アイメイクアップリムーバーの特徴は、目元をベタつかせないために、揮発性のオイルを使用していること。

 

揮発性のオイルの粒子は小さく、肌に入りやすい傾向もあるので、それが刺激になる場合も。

だから、目元の乾燥が気になる人は、コットンやめんぼうで、まつ毛だけを挟むようにして落とすといいでしょう。

乾燥が気にならないなら、コットン1枚だけで、アイカラーやアイライン、マスカラまで落とすテクがあるので試してみて。

 

まず、コットンに10円玉大ほどの量のアイメイクアップリムーバーを含ませて。

そのコットンをまぶたの上に置き、30秒ほどなじませてマスカラを膨潤させる。

それからコットンを目頭から目尻に向かってふき取れば、アイカラーもマスカラも一緒に落とせる。

 

次にコットンをまつ毛の上から押さえ、下に向かって動かすと、残りのマスカラもスッキリ。

さらに、そのコットンを裏返して4つ折りにし、まぶたを軽く持ち上げてからアイラインを落とせば、完壁にオフできます。

 

関連記事

→つけまの付け方やまつ毛カールのキープ、マスカラの塗り方!

→目元ケアの方法と眉カットのコツ!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。