美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

美人になるための3つの言葉!

女性なら誰でも美人になりたいと思うもの。

しかし、女性は「どう頑張っても自分には限界がある」なんて、マイナスをことを思ってしまいがちです。

実は私の友人もそうでした。

 

しかし、これからご紹介する美人になるための3つの言葉を毎日いい続けていました。

すると、本当に美人になったのです。

私も信じられませんでした。

 

どうせ、いい化粧品とかエステとか行きまくったんでしょ。

なんて、怪しんだのですが…。

化粧品も市販で安いものを使っていたり、節約家だったので、エステすらもほとんど行かない子だったのです。

 

なので、あなたも今からでもこの3つの言葉を毎日、口に出して言ってみてくださいね。

スポンサードリンク

 

美人になるための3つの言葉

 

いい言葉がいい想像イメージをかきたて、自律神経系を動かす場合もあります。

たとえば、ビールル好きの人が「カラカラに渇いたノドに、よく冷えたビールをキューッと一杯」と口にするだけで、くっきり鮮やかな想像イメージがかきたてられます。

すると、脳の中では自律神経系がすかさず反応し、快楽ホルモンをドッと分泌します。

 

快楽ホルモンと呼ばれる物質は、現在わかっているだけでも数種類ほどありますが、その代表的なものはベータエンドルフィンです。

このベータエンドルフインは、100%天然の安全な麻薬とも言われています。

麻酔薬として使用されるアヘンによく似た構造で、アヘンの数十倍もの威力があります。

 

ですから、ベータエンドルフィンがあふれ出るにしたがい、気分はうっとりとしてきます。

また、全身の血行がよくなり、皮膚温度も上昇します。

さらには、ベータエンドルフインの働きによって免疫細胞が強化されます。

 

勢いを増した免疫細胞は、全身を構成する60兆個の細胞と接触しながら、ウィルス、バクテリア、ガン細胞などを攻撃します。

楽しいことや気持ちよいことを頻繁に行なっている人は病気にかかりにくい、と言われますが、ただそれらを口にするだけでも、想像するだけでも、ものすごい効き目があるのです。

このように、脳は自分の発した言葉を意識の中に取り入れ、カラダに反映させるような仕組みを持っています。

 

実際に梅干しがあるなしにかかわらず、ただそこに想像イメージや言葉があるだけでカラダは反応してしまうのです。

この仕組みを上手に活用していきましょう。

その第一歩として、「私は絶対美人」「いくつになっても若い」と口に出して言ってみてください。


スポンサードリンク


 

頭の中で考えるだけでなく、実際に口に出すことが大切です。

考えるだけなら50%、口に出すと100%の効果があると思ってください。

耳から入ってくる言葉は、リアルな想像イメージとなって脳の中に染み込み、血となり肉となります。

 

そして、カラダの内側から美しさと若々しきをあらわします。

これは単に気持ちの問題だけではありません。

自分のことを「キレイだ」「若い」と語り、本当にそう思える人の脳内には、若々しきの元となるセロトニンというホルモン物質が分泌されます。

 

肌に輝きを与えるべータエンドルフィンという物質もたくさん分泌されます。

こうした快楽ホルモンは、高価な化粧品に負けないすぐれた効果を発揮します。

カラダの内側から若々しく、輝くほど美しくなっていけるのです。

 

しかも、100%天然なので安全です。

そのうえ、まるでお金がかかりません。

「私は絶対美人」、「いくつになっても若い」と口に出して言えるようになったら、ワンランク上のテクニックにも挑戦してください。

 

「私は素肌美人」

「女優みたいにキレイ」

「20代の肌のように輝いている」

 

と、具体的な言葉や数字をあげて口ぐせにし、脳をその気にさせてしまうのです。

もちろん、独り言で構いません。

人前で言うのは恥ずかしくても、自分ひとりのときに鏡に向かって言うのなら、それほど抵抗感はないでしょう。

 

たったこれだけのことで、悪い思い込みが退治されます。

驚くほど自己像がリフォームされます。

「素肌美人」、「女優みたいな私」、「20代の娘のような輝き」を放つ自分が心の中に誕生するのです。

 

すると、鏡を見るのが楽しくてたまらなくなりますよ。

自分で自分が大好きになっていきますから、人と比べて落ち込むことなど、まるでなくなります。

こうしてあなたは、知らず知らずのうちに、絶対美人になっていきます。

 

関連記事

→3週間で女性は変われる!!自分のコンプレックスから抜け出すには?

→鏡を見続ける美容効果とは!?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。