美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

化粧品を選ぶ基準は何?肌に合うと思っても肌に良いとは限らない!!

ちまたには有名、無名の化粧品が氾濫しています。

美しくデザインされた容器、美女タレントの徴笑んでいるポスター、デラックスなパンフレット…。

はじめて化粧品を買う女性は、宣伝物の洪水にどれを選んだらよいか戸惑うばかりです。

 

では、化粧品を選ぶ基準って一体なんなのでしょうか。

また、肌に合うと思っていても、実は肌に良いとは限らないのです。

今回は2つのことについてご紹介します。

スポンサードリンク

化粧品を選ぶ基準ってなにか

 

化粧品は薬とちがい効能書がないので、いったいどれが自分の肌に合うのか、容器やパンフレットを見ただけではわかりません。

試みに、若い女性たちに今使っている化粧品を決めた動機について聞いてみました。

 

「お友達にすすめられたから」

「化粧品庖の人に相談したら、この商品をすすめられたから」

「メーカーが一流だから」

 

「テレビのコマーシャルで知って」

「サンプルをもらって使ってみたらよかったから」

等々、さまざまな答えが返ってきます。

 

また最近は店頭に肌診断器やコンピューターを置いてアンケート用紙に書き込むと、「ハイ、あなたにはこれが合っています」一見科学的に見えるものも出来てきました。

コンピューター診断で買ってきた化粧品を使ってみたけれど「肌に合わなかったわ」という人もおりました。

あたりまえです。

 

肌診断器やコンピューターで判断するのは、そのときのあなたの肌の状態であって、肌の本質までは解明してくれないのです。

ところが、肌の状態というのはその時々の外部環境、あるいは健康状態、精神状態でもすぐ変ってくるのです。

一体何を基準にして化粧品を選んだらよいのでしょうか?

 

それでは、その前にここでお断わりしておきますが、以後、化粧品というのは、肌の手入れに使う基礎化粧品。

いわゆるスキンケア化粧品のことを指し、他のものの場合はその都度具体的表現を使うことにします。

そもそも、肌に合うとか合わないというのは、どういうことなのでしょうか。


スポンサードリンク


 

化粧品を管理する厚生省からも、化粧品の効能書にはかならず「肌に合わない場合は使用をやめて下さい」とただし書きを明記するよう指示されています。

つけてみてヒリヒリするとか、赤くなった、カユミがある、などという場合は、そうした原因になる成分が化粧品の中に含まれ、特に肌の弱い人には過剰な刺激になるため、もちろ
んやめるのは当然でしょう。

また、人によっては匂いや脂っぽさがいやという場合もありますが、これは別に肌に害を及ほすわけではなく、あくまで感覚的な嫌悪なのですが、それでも肌に合わない部類に入ります。

 

それでは肌に合いさえすれば、その化粧品は女性が期待するように、肌の若さを保ったりトラブルを起こさないですむ良い化粧品なのでしょうか。

むろん、正しい使い方をしてさえいればあまり問題にはなりませんが、間違った使い方を続けていると、肌に合ったものでも当然肌の表えを促進したり、トラブルのもとになる場合
もあるのです。

たとえば、必要以上に厚塗りをしたり、きちんとした化粧落としを怠ったりしているとトラブルを起こしやすいのです。

 

化粧品を正しく選んで正しく使う。

あたりまえのことなのですが、これを知らない女性の何と多いことでしょうか。

化粧品を選ぶにあたっては、まず自分の肌というものをよく理解しなければなりません。

 

まず、7~8割の女性が、大切にしたい自分の肌の実態について全く理解していないということです。

この人たちの大半が、美容やエステティックの道にすすもうと学びに来ているのですから、ごく一般の若いOLや女学生は推して知るべしです。

関連記事

→美人になるための3つの言葉!

→10代、20代、30代、40代のメイクの方法とそのコツ!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。