美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

化粧品のかぶれ成分のチェックと自分にあった化粧品の選び方!

化粧品選びの裏ワザ

 

●無添加化粧品でも安心できない

防腐剤の入っていない無添加化粧品は肌に優しいから絶対安心だと思い込んでいる人はいないだろうか。

しかし、防腐剤が入っていないものが危険な場合もある。

 

防腐剤抜きの化粧品は腐敗するのが早いので、それに気づかず使い続けていると肌にトラブルが起こる。

変なニオイがしたり、変色していたり、クリームなどが分離していたら、すぐに使うのをやめよう。

 

防腐剤の入った化粧品でかぶれる人も中にはいるが、そういう人はほんのわずかなので、さほど神経質になる必要はないのだ。

香料についても同じ。

それでも気になるなら、パッチテストをして安全を確かめてから使えばいい。

スポンサードリンク

 

●ベビー用スキンケア用品にも注意

肌が弱いからといってベビー用のスキンケア用品を使う人がいる。

確かに、肌にトラブルが起きた時にベビー用を使えば改善する場合もあるけれど、「ベビー用が肌に優しい」と思い込むのは、ちょっとした勘違いです。

 

ベビー用のスキンケア用品は、あくまで赤ちゃんの肌を考えてつくられたもの。

低刺激といっても殺菌性が強かったり、大人より皮脂の量がかなり少ない赤ちゃんに合わせて、油分を多く含んでいたりする。

これが敏感肌の人にとってトラブルの原因になることもあり得るので、使う場合は大人用の用品と同じようにパッチテストをしてからのほうが無難です。

 

●お肌に合った化粧品か確かめる方法

美しい肌かどうかは肌の水分がちょうどいい状態に保たれているかどうかによって決まる。

だから、いかに自分に合った保湿効果のある化粧品を使うかが大きなポイントとなる。

 

化粧品が自分に合っているかどうかを確かめるには、夜の洗顔後に顔の半分にだけ化粧水や乳液を塗り、そのまま眠ってみる。

翌朝になって残りの半分とくらべてみると、自分にとってふさわしい保湿効果かどうかよくわかるでしょう。

サンプルをもらっていろいろ試してみるといい。

 

かぶれが心配な人は、まずパッチテストをしてみる。

化粧品のサンプルなどを腕の内側(ひじより上)や背中に2列に塗り、ガーゼで覆ってバンソウコウなどで貼っておく。

そして24時間後にまず1列、48時間後に残りの1列のガーゼをはがして反応を見てみよう。

途中でヒリヒリしたりかゆくなったりするようなら当然自分には合っていないし、テストが終わったあとで赤みやブツブツができていたりするような場合も使用しないほうがいい。


スポンサードリンク


 

●化粧品を新しいものに変える時は

使っていた化粧品を新しいものに替える時は、皮膚にトラブルを起こさないように注意しなければならない。

まず、買い替える化粧品は、1品だけにすること。

 

一度にたくさん取り替えると、もしトラブルがあった時に、どの化粧品が合わないのか判断できなくなってしまうからである。

生理の時期も肌がデリケートになっているので要注意。

生理の前後1週間は新しいものに取り替えないようにしたい。

 

また、日焼け直後も取り替えるのは危険。

周囲の環境や、自分自身の生活に変化があったりした時も、取り替えるのは避けたほうがいいだろう。

化粧品の取り替えは、精神的にも肉体的にも安定している時を選んでおこなうようにしよう。

 

●海外で化粧品を買う時のポイント

海外旅行先で化粧品を買う時は、実際に肌につけて試してみたほうが無難だ。

日本で販売されている化粧品は、日本人の肌に合わせてつくられていて、また日本の厚生省の化粧品チェックは世界の中でも厳しくて有名なほどなので安心できる。

 

しかし海外のものは刺激が強いものが多く、メーカーや人によっては肌が荒れてしまう場合もある。

とくに日本で未発売のものを買う時は要注意。

日本で販売されているメーカーであっても海外で売っているものと同じとは限らない。

同じパッケージの同じ商品に見えても、日本と海外では配合成分が異なっている場合もあるので注意が必要です。

 

●説明書は必ず読もう

基礎化粧品などを買った時は、使う前に必ず使い方の書かれた説明書を読むクセをつけておこう。

スキンケアの、どの段階で使ったらいいのか、1回の使用量はどれぐらいなのか、毎日使っていいものなのかどうかといったことを、きっちりチェックしてから使うことがケアの効果を上げるコツだ。

 

購入する時に庖頭で説明を受けたとしても、やっぱり一度は自分の目で説明書を確認しておいたほうがいい。

説明書の大事な部分だけを切り取って、その化粧品に貼っておくのもいい方法。

 

関連記事

→化粧品の期限や効率よく使う裏ワザ!

→厚化粧や気品を感じさせるメイク術!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。