美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

洗顔のオススメテクニックと肌にあった洗顔料の選び方!

汚れをやさしく落とす洗顔法

 

●洗額料の刺激から肌を守るワザ

肌が弱くて、洗顔料にも気を使う人は、洗顔の前にオリーブオイルを塗っておこう。

こうすると、洗顔料の刺激からオリーブオイルが肌を守ってくれる。

有害な成分が皮膚に吸収されるのを防ぐことができるというわけ。

 

●洗顔は髪を洗ったあとがいい

シャンプーと洗顔、どちらを先にするかは個人の好みによっていろいろ分かれるだろうが、肌のためを考えると、シャンプーを先に、洗顔はそのあとにしたほうがいい。

先に洗顔をしたあとでシャンプーをすると、シャンプーやリンスが肌に残ってしまい、ともすれば肌が荒れやすくなる。

 

きちんと髪を洗い終わったところでていねいに洗顔すれば、流しきれずに肌についたシャンプーやリンスの成分もきっちり洗い流せるから安心。

肌はいつも清潔な状態を保つことができる。

スポンサードリンク

 

●洗顔料は手でよく泡立てて

洗顔料は、指でよく泡立ててから使うのが正しい使い方。

手のひらに適量を取ったら、ぬるま湯でしっかり泡立てよう。

 

細かく泡立てるほど肌に優しく、しかも汚れもしっかり包み込んで落としてくれる。

毛穴を開かせるために、まずはぬるま湯で顔をさっと洗ってから、顔を包み込んだ泡で洗うといい。

洗い終わったらすすぎもしっかりと。

 

顔料が残っていると、肌荒れや吹き出物などのトラブルが起こりやすいからです。

とくに髪の生え際や首回りは洗顔料が残りやすいので注意が必要。

すすいだあとはタオルで優しく顔を押さえるようにして水分を取る。

ゴシゴシこすると肌を傷めるので、洗う時も拭く時も、あくまで優しく、優しく。

 

●仕上げに肌を引き締めるには

洗顔は暑い時は水だけ、寒い冬はお湯だけを使う人が多いようだが、これではせっかくの効果もいまひとつ。

きちんと汚れを落とし、しかも肌をイキイキさせるためには、お湯で汚れを落としたら、仕上げに冷たい水をたっぷりかけてやることが大切。

 

お湯には皮脂や化粧品の油分などを浮かせて取り除く作用があり、水には肌の細胞に水分と活力を与える作用がある。

洗顔料を使って肌の汚れをお湯で洗い落としたら、最後に水をかけてシャキッと引き締めよう。


スポンサードリンク


 

●肌に合った洗顔料を見極めるコツ

洗顔したあとで肌がつっぱると、洗顔料が肌に合つてないのではと心配になってしまうが、じつはこのつっぱりこそ、皮膚がそれだけきれいに洗われたという証拠。

顔のつっぱりは皮膚の潤いを保つ成分が一緒に洗い流された時に起こるが、そのまま放っておいたとしても20分ほどたてば皮脂も分泌し始め、だんだんつっぱり感がなくなってくるはず。

 

洗顔後に化粧水をパッティングして保水したあと、乳液やクリームをつけて保湿ずれば何も問題はない。

ただ、30分おいてもつっぱった状態が残るようなら、その洗顔料の洗い流す力は強すぎるので、別の洗顔料に替えたほうがいい。

逆に、洗顔してもちっとも肌がつらず、ベタついた感じになる場合には、その洗顔料の洗浄力は弱すぎるということです。

 

●洗煩のあとはタオルよりガーゼで拭く

洗顔後、タオルで顔を拭くという人がほとんどだと思うが、肌のことを考えると、ふつうのタオルよりもガーゼを使ったほうがいい。

タオルはたとえどんなに高級で質がよくても、洗っているうちにかたくなる。

 

いっぽう、ガーゼは洗うほどやわらかくなっていくので、何度使っても肌に優しい。

しかもタオルほどかさばらないし、値段も安いので、たっぷり用意しておいて、ぜいたくに使える。

顔をふいたあとのガlゼに水をしめらせ、耳の中や後ろ、うなじなどもついでに拭くなど、細かい部分をケアするのにも便利だ。

 

●夏の洗顔は冬、より念入りに

冬にくらべると夏はどうしても顔から出る脂が多くなるので、肌のお手入れを冬より念入りにする必要がある。

といっても特別むずかしいことはなくて、洗顔する時に少し時間をかければいい。

 

洗顔料をたっぷりと泡立てたら、その濃い泡をまず額と鼻につけて、脂っぽい部分をしっかり洗う。

頬はそのあとに泡を広げて洗えばいい。

回数も、冬よりも夏のほうを少し増やしてみよう。

 

関連記事

→初心者でもできる収納やメイク道具の選び方!

→ネイルケアの簡単な方法と綺麗な爪にする方法!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。