美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

化粧水や乳液の効果がアップする使い方!

化粧水&乳液の効果アップ法

 

●手でつけるよりもコットンで

化粧水は、手ではなくコットンを使ったほうが同じ量でもつげた時の効果が上がる。

手であろうとコットンであろうと、つけてすぐには差は出ないが、時間がたった時、コットンのほうが肌はみずみずしく保たれている。

 

また、小鼻や自の周りなどの細かい部分にもしっかりつけることができるから、その点でも便利。

コットンを使うと肌がかぶれるといった肌の弱い人はともかく、できるだげコットンを使って化粧水をつけるようにしよう。

 

●化粧水をたっぷりと使おう

化粧水をつける時は、思い切ってたっぷりつけること。

1回の使用量は500円硬貨の大きさぐらいが目安です。

 

この量をコットンにつけると、裏までしみこんでしまうので、ちょっともったいないと感じるかもしれない。

でも、化粧水は肌着の感覚でつけるもの。

ケチくさい使い方をせず、顔全体にたっぷりやさしくパッティングしよう。

高級な化粧水をちびちびとケチるぐらいなら、多少安めでもたっぷりつけてあげたほうが肌にとってはよほどいい。

 

スポンサードリンク

 

●乳液は少なめに、のばして使う

化粧水は、多すぎると感じるぐらいにたっぷりと使ったほうがいいが、逆に乳液の場合は、少量をきれいにのばして使うのがポイントだ。

容器から取る時、手のひらに取ると量が多すぎてしまうので、必ず指先に取ること。

 

この時、雑菌が入らないように、容器に指をつけないように注意したい。

人にもよるが、全体につける目安はティースプーン1杯ぐらいが適量で、中指と薬指の両方で下から上へ、顔の内側から外側へとソフトになじませていこう。

全体にベッタリとつけるのではなく、乾燥しやすい部分には多めにつけ、鼻の頭などは余ったものを少しつけるだけでOK。

 

最後に手のひら全体で、顔全体をしっかり押さえればおしまい。

かさつき具合がひどいようなら、少し使用量を多めにすればOKですよ。

 

●水道水が肌に合わない時の対処法

水質はその土地によって異なるもの。

旅行先や引っ越し先の洗顔で肌荒れを起こすことは十分あり得る。

 

こんな時は、ふつうに洗顔したあと、仕上げにミネラルウォーターを使うといい。

コットンにミネラルウォーターをたっぷり含ませて、肌を洗うような要領でやさしく拭き取る。

朝晩、コットンを2~3枚使ってこの方法をくり返せば、肌荒れは次第におさまってゆく。


スポンサードリンク



●出しすぎた化粧水は瓶戻さないで

口の広い瓶に化粧水や乳液などが入っている場合、必要量だけ出そうと思っているのに、ついついドボドボと余分に出てしまうことがある。

これを、まだ使えるからと、もう一度瓶に戻すのはもってのほかだ。

 

手についた汚れや雑菌が一緒に瓶の中に入ると、化粧水や乳液が変質する場合がある。

知らずに使っているとかぶれや肌荒れの原因になる可能性も。

一度出した化粧水や乳液は、もったいなくてもあきらめよう。

 

●ホワイトニング効果の化粧水は気長に

夏の日焼け跡のケアに、ホワイトニング効果が高いといわれる化粧水を買ったのに、ちっとも効果がない…。

とグチをいう前に、最低1か月は使い続けるようにしよう。

 

そうしないと、目立った効果はでないのだ。

さらに、これがダメだから別のブランドを、というのも逆効果。

1種類を続けて使ってこそのホワイトニング化粧水である。

 

関連記事

→パスタなどのゆで汁などの洗顔方法と仕方!

→化粧品のかぶれ成分のチェックと自分にあった化粧品の選び方!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。