美容関連について幅広くの情報をご紹介します!

menu

美容ブログ

アイラインのうまく引くコツ!シャドーはどう使う?

目元メイクでクッキリにする秘訣!

 

・アイラインをうまく引くコツ

アイラインをまぶたに引とうとすると、どうしてもヒクヒクと少し痙攣してしまって、なかなかうまく引くことができない。

微妙な部分なので、曲がったり、太すぎたり細すぎたりする。

 

せっかくきれいにメイクをしてもアイラインの失敗ですべて台無しなんてことになりかねない。

そんな失敗をしない、とても簡単な方法がある。

アイラインを描く時は、口を開けながら引いてみる。

こうすると、不思議とまぶたも引きつらず、きれいに仕上がる。

スポンサードリンク

 

・手の汚れを顔につけないワザ

メイク中はどんなに気をつけていても、ついつい手を汚してしまうもの。

でも、その手でアイメイクを続けると、手の汚れが頬などにつき、せっかくのべースメイクが崩れてしまうことがある。

 

そこで、アイメイクする時は大きめのパフを使うといい。

パフについている持ち手を利き手の小指にひっかけてストッパーにし、肌の上に置いてクッションにする。

こうすると、手の汚れが顔につくこともないし、パフで顔を押さえるから、ファンデーション崩れも防ぐことができる。

 

・アイラインを引く時は視線がポイント

アイメイクをする時は目の位置に気をつけよう。

アイラインを引く時は、目を伏せがちに、反対側の手で目尻を持ち上げて描くとうまくいく。

目尻のあたりを描く時は目を目頭のほうへうつし、逆に目頭の辺を描く時は目尻のほうに向けながら、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように、ペンシルを左右に小刻みに動かしていくといい。

 

・アイライナーとシャドーの鉄則

メイクの中でも最もむずかしいのがアイメイク。

とくにアイラインはうっかり濃くするとタヌキ目になってしまってどうしていいかわからないという人も多いはず。

 

アイラインを描く時は、目頭の部分は薄く、目尻は濃いめに引き、目尻から3分の1のところをいちばん濃く塗るようにするのがコツ。

太く描かないように気をつけ、綿棒でぽかして仕上げるとナチュラルな感じになる。

また、アイシャドーが濃くなるのは重ね塗りをしすぎた場合が多い。

 

まつ毛に近いほうには濃いめの色、眉に向かうにつれだんだん薄い色に、ぼかしながらのせていくと美しいグラデーションができる。

塗り方は、眉山のある部分をいちばん濃くなるように塗ればきれいに仕上がる。

 

・目もとがクッキリ見える色とは

白いパール系のフェイスカラーやアイシャドーを眉山の下に塗ると、目元と眉がクッキリと際立つ。

パウダー状のフェイスカラーやアイシャドーであればブラシでさっと色を入れる。

 

ややクリーム状のものなら、指やチップに取って眉山の下になじませるといい。

ペンシルタイプの白いアイシャドーは、先が細いので、眉山と眉尻の下に沿って線を描き入れる要領で使うと便利。

これだけでずいぶんと顔の印象が変わってくる。


スポンサードリンク



・リキッドライナーは簡単につくれる

液体状のリキッドライナーを使えば、ふつうのアイライナーより深みのある目元をつくることができる。

でも、リキッドライナーはどうも苦手というなら、ふだんのアイシャドーを水で溶いて使えばいい。

深めの色のアイシャドーを水で溶き、コシのある筆でアイライナーとして加えると、目元にフィットしやすく、きれいに発色する。

 

・淡い色のシャドーが映えるワザ

淡い色のアイシャドーをつける時は、目のファンデーションを下地にしくと、きれいに仕上がる。

いつものように顔全体にファンデーションを塗ったあと、アイホール(まぶたのくぼみ)の中央付近から、目のファンデーションを縦にのばすように肌につけ、その上からアイシャドーを塗ればOKだ。

 

白いファンデーションがなければ、化粧の下地クリームを使ってもいい。

この方法は、目元がくすみがちな人にもおすすめの方法だ。

 

・チップとブラシでシャドーに変化を

アイシャドーを塗る時は、仕上げによってチップ、ブラシをうまく使い分けるといいアイシャドーをしっかりつけてはっきりした仕上がりにしたいのならば、粉落ちしにくいチップを、色を淡くのせるだけにしたいならブラシを使えばいい。

同じアイシャドーをつりたとしても、チップかブラシのどちらを選ぶかで、見た目の印象も大きくちがってくる。

また、細長いチップは、上まぶたのまつ毛際や下まぶたの目尻といった、狭い部分を塗る時うまくいく。

まぶた全体に大きく塗る時は、丸くて平たい形のチップを使えばきれいに仕上がるので覚えておこう。

 

・はれぼったい目にこの色はダメ

目がはれぽったいと感じる時は、暖色系(ピンクや赤)のアイシャドーは絶対にダメ。

ますます重たく見せてしまうのだ。

 

こんな時は、黄色っぽいブラウンを使えば、自然な仕上がりになり、表情がイキイキする。

寒色系(ブルーや水色)やシルバーなら涼しげですっきりした印象になる。

グレーなどの暗い色は、はれた感じは隠せるが、重い印象を与えるし、顔がちょっと寂しげにうつる。

 

関連記事

→口紅の選び方や塗り方!色をキレイに出す秘訣!

→アイメイクの基本と仕方!デカ目にするコツ!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。